收藏

がま口 作り方編集

【24.5cm  セレクト2色】がま口用 あめ玉 口金  金古美 くし型  ショルダー用チェーン付き
__1,97800
【24.5cm セレクト2色】がま口用 あめ玉 口金 金古美 くし型 ショルダー用チェーン付き 
【クラフトパーツのチェロ A20】 アクセサリーパーツ がま口 口金 アーチタイプ 橙赤色 オレンジレッド アンティークブロンズ 金古美 1個
__null00
【クラフトパーツのチェロ A20】 アクセサリーパーツ がま口 口金 アーチタイプ 橙赤色 オレンジレッド アンティークブロンズ 金古美 1個 
【24.5cm 】がま口 口金 くし型  4色 セット 紙ひも付き
__2,578 - 2,57900
【24.5cm 】がま口 口金 くし型 4色 セット 紙ひも付き 
カラーがま口 玉付き口金 10色セット 20cm/手芸
__3,98000
カラーがま口 玉付き口金 10色セット 20cm/手芸 
【INAZUMA】 手作りがま口の口金 型紙付 かわいい玉付きBK-20S(シルバー)#214レモンイエロー
__1,02600
【INAZUMA】 手作りがま口の口金 型紙付 かわいい玉付きBK-20S(シルバー)#214レモンイエロー 
ブローチ ピン 100個 セット 15 20 25 30 35 mm アクセサリー 手芸
__1,380 - 1,88000
ブローチ ピン 100個 セット 15 20 25 30 35 mm アクセサリー 手芸 
 そしてこの釈前房では、看守が猫撫で声を出して、懲役の機嫌をとったりするのだから、これはまるで、柄の悪い中学校の、卒業式の前と同じだった。  怒鳴り声が乱れとび、騒然となった獄舎だけど、そうなれば、これも沢山ある看守のノウハウのひとつで、九時に切ったスピーカーのスイッチが、この棟だけまた、以前よりボリュームをあげて入れられる。  これには、流石(さすが)の懲役達の怒鳴(ウ ナ)りもかき消されて、自分の声以外は聞こえなくなってしまう。  暫くすると、ラジオはまた止ったのだが、むかっ腹を立てて荒れ狂っていた懲役達も、もうこの頃は疲れはてたのか、静かになっていた。  誰か、静かな声で、気持良さそうに「ハッシャバイ」を唄っている。昭和三十年代の子守唄だ。  刑務所では、こんな満期出所直前の釈前房でなければ、歌も唄えないし口笛も吹けない。  ロー・ティーンの頃から、ずっと今日まで、永いこと非合法な暮しをして来た水田順一は、これが成人に達してから四度目の服役だった。  今回は、競馬のノミ屋で、事務所と自宅、それに色女のところに家宅捜査(ガ サ イ レ)をかけられ、余計なことにスナブ・ノーズが一梃と、それにコカインまで五グラムほど見付かってしまった。  くらった実刑判決は、全部ひっくるめて四年六月(ろくげつ)だったのだが、商売人は四年半とか、四年六ヵ月なんて言わない。  刑務所に服役するのも、ちょっとした芸人の海外ロケのようなもので、慣れてはいた水田順一だけど、明日の早朝となった今回の出所は、今迄の時とは事情がまるで違う。  ただでさえ寝つかれない、出所の前の晩だから、目は冴えるばかりだった。  捕まった時は、三十八歳だったのが、今ではもう四十三歳……。  そして、堅気(まつとう)な方達でいえば、これは脱サラとでもいう場面なのだろう、水田順一は、これを潮に、今迄永く続けたヤクザの足を、洗おうとしていたのだ。  水田順一が、自分の親分から、 「破門にしてやるよ。もう足を洗いな……」  と言ってもらったのは、今回ぱくられる直前だから、もう五年ほど前のことだ。  焼跡の東京で、ロー・ティーンの頃から叩きあげた水田順一だけど、親分がこう言ってくれたのは、この世界では珍しい温情だった。  というのも、その頃水田順一が、都会派の博奕打として、どうにもならない限界に来ていたからだ。
表示ラベル: