ファッションファッション小物財布その他 財布 アウ トレ ット

見に行く

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null 今まで、自分の歩いてきた道は間違っていたのだろうか。十八歳で家を出てから、文雄の言う通り、確かに仮面を被って現在の地位を掴んだ。しかし、それは和人に対抗したいという一心からだった。それが今になって、同じアイヌである教え子から「まやかし者」と罵しられ、弁明することも出来ずに打ちのめされている有様だ。  「母は間違っていた」孝二は初めて母を恨んだ。  自分は教師として失格だし、それ以前に人間としても許されない生き方をしてきたのかも知れない。孝二は和人の仮面を被り通して来た欺瞞を深く悔いた。  風が立って、岸辺の川柳が大きく揺れ出した。真っ黒い雲が急ぎ足に走り出す。そのうちに大粒の雨が落ち始め、孝二の全身を容赦なく叩きつけた。 8  夏の夕暮れどき、バスを降りた孝二はその足で真っすぐ南五条通りに向かった。陽が落ち始めると、通りは次第に男たちで賑わってくる。屋台は創成川を挟んで東西に長く延びていた。赤い提灯(ちようちん)に「岬(みさき)」と書かれた屋台があった。この店に孝二は前に一度入ったことがあった。彼は立ち止まる。五条橋の袂から出てきた酔客が肩を組み、濁声(だみごえ)を張り上げて歌いながら歩いてゆく。野良犬が通り、リヤカーが通り、若者たちが通った。そのすぐ後ろから労働者ふうの男たち、女を連れたアメリカ兵、ギターを抱えた流し風の男などがつぎつぎに通り過ぎる。女たちのキラキラした笑い声やふざけた悲鳴が響いて、屋台街は底抜けに賑やかだった。  孝二は「岬」に入って焼酎の梅割りを飲んだ。店の中はカーバイトの匂いや、コンロの炭火や人いきれでむんむんしていた。客と孝二との間にむりやり割りこんできたミーが「兄さんよー」と、甘えた声で孝二の首に絡みついてきた。彼は体をこわばらせのけぞった。覗き込んできたその眼色と体臭に覚えがあった。  ——黒い大きな瞳に長いふさふさした睫毛(まつげ)、甘くて酸(す)っぱい体臭はまさしくアイヌのものだ。そんな中で育った孝二の眼と鼻が確かにそれをとらえていた。  「おらの顔ばじろじろ見てな、鼻のてっぺんにダンベ(女陰)でもついてるべか」  彼女は淫乱(いんらん)な声を張り上げて笑った。隣りに坐っていた五十がらみの労働者風の男が喜んで、「おめえの口といっしょで、はばける(口から食べた物が溢れ出る)ことはなかべな」と言い、油ぎった身欠鰊(みがきにしん)を頭ごと、彼女の口にねじ込んだ。  「下の口も丸ごと呑みこむべな」と、ふたたび男は言った。  男は店の常連らしく、彼女のことをミーと呼んでふざけ合った。  カウンターの下の方で節くれた男の手が蛇のように伸びて彼女のスカートの中に入ったが、ミーは表情ひとつ変えずに、「兄さんよー、歌って踊ってでっかくゆくべえ」と言った。  (したたかな淫売婦)と、孝二は思った。彼女は気の抜けた阿呆のように、涎(よだれ)を垂らして身欠鰊を頬張り、男の手はいつまでも動き続けている。  「淫売野郎!」と、孝二は吐き捨てるように言った。しかし、彼女の表情は少しも変らない。
    2015-02-08 05:48
    ŗ 評論 0
発祥地|ファッションファッション小物財布その他 財布 アウ トレ ット
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|ファッションファッション小物財布その他 財布 アウ トレ ットアフターサービス|prada二つ折り長財布_ファッションファッション小物財布その他 財布 アウ トレ ットどこが売ることがいます|ファッションファッション小物財布その他 財布 アウ トレ ット良い