プラダ 2つ折り財布
null
(アイランドスリッパ) ISLAND SLIPPER サンダル メンズ PB202 CLASSIC クラシックレザー シューズ PALO/BLACK[並行輸入品]
__11,80000
(アイランドスリッパ) ISLAND SLIPPER サンダル メンズ PB202 CLASSIC クラシックレザー シューズ PALO/BLACK[並行輸入品] 
(ユナイテッド オム) United HOMME 二つ折り財布 ブラック カラーステッチ カーフレザー×ポニーレザー UH-202 【COLUMBUS(コロンブス) エチケット綿テレンプ セット】
__8,00000
(ユナイテッド オム) United HOMME 二つ折り財布 ブラック カラーステッチ カーフレザー×ポニーレザー UH-202 【COLUMBUS(コロンブス) エチケット綿テレンプ セット】 
null 「………………」 「………………」  だけど翡翠の声も聞こえないのか、もしくは聞く気もないのか、二人は勢いを衰えさせずに、互いに攻撃態勢に入る。  そこに翡翠がボソッと呟いた。 「…もし、これ以上志貴さまのお心を煩わせるようならば、姉さんがお二人の食事に、『保健所の人が聞いたら卒倒しちゃうようなモノ』を混ぜますよ?」 「「うっ!?」」  さすがにそういう攻撃はイヤだったのか、アルクェイドも秋葉も、瞬く間に大人しくなった。  なにやら琥珀さんが、しゃがみ込み『翡翠ちゃんいぢわる…』と呟きつつ、床にのの字を書いているが、それはこの際どうでも良い。  なにより、二人とも互いに対する矛先を下げたわけではないので、リビングは未だギスギスとした空気に満ちあふれているのだから。  と、落ち込んでいたと思われた琥珀さんがいきなり復活し、しょうがないですねーと、いった風に割り込んできた。 「そうですね、お二人ともどうしても白黒つけたいのであれば、ケンカをするのではなくもっと平和的な勝負にするべきです」  おお、まともな意見だ。