メンズ二つ折り財布ランキングのブランドの割引の旗艦店_シャネルマトラッセ二つ折り|メンズ二つ折り財布ランキングアフターサービス 買ってメンズ二つ折り財布ランキングどのサイト


2015-02-08 05:41    メンズ二つ折り財布ランキング
 圭子は答えた。  新城はボタンを放し、圭子の頭を殴りつけて再び意識を失わせた。拳銃を構えてホールに行く。  玄関のドアを開いた新城はいきなり射った。ドアの向うに立っていた二人のヤクザは、ショールダー・ホルスターの拳銃に手を触れる余裕もなく、胃に二発ずつくらって崩れ折れた。  新城は血が廊下に流れぬ間に、二人をホールに引きずりこんだ。ソファの上に放り出し、頭を拳銃で殴りつけて意識を失わせておいてから、玄関のドアを閉じる。  二人の体を寝室に移した。圭子はまだ気絶したままだ。新城は二人の大東会のヤクザの服をさぐった。二人とも、ショールダー・ホルスターに収めているのは、新品に近いワルサーPPKの三十二口径であった。二人とも、PPKの予備弾倉を二本ずつと、実包五十発が入った弾薬サックをポケットに入れていた。  新城はそれらを自分のポケットに移した。シーツをナイフで|裂《さ》いてロープを作り、二人の手足を縛った。ゆるく猿グツワを|噛《か》ませる。  圭子にもゆるく猿グツワを噛ませた。小さな声は出せるが、大きな声は出せない程度にだ。  それから、まず圭子の耳をライターで|炙《あぶ》った。圭子の意識が回復しかかると、二人のヤクザの耳を炙る。  健と呼ばれるほうは、運転免許証から木戸健一、次郎のほうは安川次郎と分かっている。  木戸も安川も、なかなかダンディな男であった。もっとも、新城に射たれる前までのことだが。  二人は意識を回復すると、猿グツワの|隙《すき》|間《ま》から悲鳴を|漏《も》らした。新城は、 「俺が誰だか分かるか?」  と、不敵な笑いを浮かべた。 「あ、あんたか、汐山マンションで殺しをやったのは?」  木戸が喘いだ。 「まあな」 「助けてくれ……腹が痛い。死にそうだ」  木戸は涙をこぼした。