買ってprada二つ折り財布の最高のウェブサイトを推薦_prada スマホ_最高のprada二つ折り財布_prada二つ折り財布ブランドの旗艦店


2015-02-19 13:32    prada二つ折り財布
 野生化して、イノシシのように|牙《きば》がのびた野ブタたちは、騒々しい鼻息をたてながら、気持よさそうにしている。  若林は、携帯してきた四四マグナムのS・W拳銃をホルスターから抜いた。風下に|這《は》いながら廻りこんでいく。  だが、蔓やイバラでどうしても音が出る。若林は岩の上に拳銃を握った両手首を、一番大きな奴に慎重に狙いをつけた。  距離は約二百メーター、拳銃には遠すぎる距離だ。若林は狙った野ブタの背中の上に狙いをつけ、撃鉄を親指で起して軽くした引き金を絞った。  爆発音にも似たマグナム拳銃の発射音が島に反響し、狙われた野ブタは一メーターほど跳びあがってから横倒しになる。泥水をはねあげてもがく。  ほかの野ブタたちは、ちょっとのあいだキョトンとしていたが、桂木たちが乱射をはじめると、地響きをたてて逃げはじめた。  若林もその群れの一番濃いあたりに速射をはじめる。  弾倉が尽きた若林は、激しい反動に手首が軽く|痺《しび》れたことを感じながら、ゆっくりと立ち上がる。  はじめの一番巨大な奴を含めて、四頭の野ブタが転がっていた。みんな即死はしてなく、何とか立ち上がろうともがいている。 「倒したのは倒したが、どうやって運ぶ?」  狩猟のスリルに顔に汗を一杯かいた黒須が上ずった声を出した。 「ヘリで運ぶしかないだろう。はじめの奴は百五十キロは優にあるぜ」  若林も上ずった声で応じた。  シリンダー弾倉を左横に開き、|排莢子桿《はいきょうしかん》をうしろに押して六個の空薬莢を抜き、ポケットから|掴《つか》みだした実包を|装《そう》|填《てん》する。 「とどめを刺すのは俺に任せてくれ」  ハンティング・ナイフを抜いた黒須が言った。若林と共に、イバラのなかを沼の泥地に近づいていく。  しかし、ナイフでトドメを刺すといっても、慣れてない黒須にとっては大仕事であった。牙に|太《ふと》|腿《もも》をさされそうになり、泥のなかに転がって逃れる。